ステンレス製ユニット式らせん階段





テーエス工業㈱

岡崎市大樹寺2-17-11
℡0564-28-8150
Fax0564-28-8151


当社のらせん階段はサイズによっていくつかの種類に分けられます。
開口幅、使用用途などによってお選びいただくことになります。
平面図を送っていただければ、こちらからご提案もできますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

当社のらせん階段のスゴイところ!
  • ユニット式なので、大型トラックやクレーンなどの重機の入らない狭小地や、リフォームでの施工が可!軽トラ一台で運べます!
  • 通常のサイズ1台なら、二人で1日で工事は完了します。
  • 図面承認から、最短2週間の納期にも対応します。
  • オールステンレスのため、施工後の塗装などのメンテナンスは不要です。


製品ラインナップユニット部品施工例価格表組み立て手順



製品ラインナップ

SS-12T(Y):一番小さいサイズのらせん階段です。開口スペース1300と、最小のスペースで設置可能。ベランダから屋上へ、ガレージから室内へと、サブ階段として有効です。ただし、有効幅が500とかなり狭いため、荷物の上げ下ろしなど、実用面では不便です。

SS-15T(Y):使いやすいサイズで、リーズナブルな価格を実現させた人気のタイプ。使いやすさとお手ごろな価格でおすすめです。ただし、メイン階段としての許可はおりません。2世住居の2階玄関や、ベランダの階段として最適です。

SS-17S:約1坪のスペースで、一般の住宅のメイン階段における最低基準、有効幅=750、内側から300のところで踏み面=150、け上げ=230以下をクリアしたタイプ。他の会社では断られた、という現場にもお応えできます。

SS-18T(Y):メイン階段として使える有効幅を確保した定番タイプ。戸建住宅から店舗まで幅広く採用される。階段としても使いやすいため、らせん階段にこだわりを持つお客様に人気。

SS-18Y30°:18タイプと同じ大きさで、事務所等の基準、有効幅=750、内側から300のところで踏み面=210以上、け上げ=220以下をクリアした、高い要望に応えた待望の製品。

SS-22T(Y):当社の規格品としては最大のタイプ。ゆったりとした有効幅で実用性は高い。店舗の内装などに使われる。金額的にかなり高くなってしまい一般住宅での施工は難しい。


らせん階段仕様一覧(※)

SS-12T(Y)

 寸法仕様

直径(手すり外径)
有効幅
蹴上げ高さ
割付角度
手すり高さ
 (踊り場)
 (階段段端)
階高 標準高さ
廻り勝手

1230
500
215
30

1100
1000
3225
右手すり
左手すり

  

SS-15T(Y)

 寸法仕様

直径(手すり外径)
有効幅
有効踏み面
蹴上げ高さ
割付角度
手すり高さ
 (踊り場)
 (階段段端)
踊り場寸法
階高 標準高さ
廻り勝手

 1480
620
168(内側ヨリ300)
228
25.7

1100
986
680×950
3192
右手すり
左手すり

  注:写真は5本格子ですが、現在の規格は3本です
 

 SS-18T(Y)

 寸法仕様

直径(手すり外径)
有効幅
有効踏み面
蹴上げ高さ
割付角度
手すり高さ
 (踊り場)
 (階段段端)
踊り場寸法
階高 標準高さ
廻り勝手

1758
750
180(内側ヨリ300)
210
25.7

1110
1007.8
850×1100
3150
右手すり

左手すり

 

 SS-22T(Y)

 寸法仕様

直径(手すり外径)
有効幅
有効踏み面
蹴上げ高さ
割付角度
手すり高さ
 (踊り場)
 (階段段端)
階高 標準高さ 

廻り勝手

2240
910
210
210
30

1100
945
段数とモルタル部で調整
右手すり
左手すり


(※)12,15などの数字は、直径の違いです。T,Yは、Tがたて格子、Yが横格子。他にS=格子なしというのもあります。
施工場所によって、可能なサイズが異なることがあります。
詳しくはお問い合わせ下さい。




ユニット部品

  段板 [ウレタン] [すべり止め
標準タイプの段板は、ステンレスの板を箱型に加工して、
中にウレタンを注入します。(写真参照)

これにより静粛性が高まります。


*よりリーズナブルに、ウレタンを入れないタイプもあります。

段板表面には、すべり止めに「ノンスリップテープ」を貼ります。

屋外では、より丈夫な黒タイプ(写真左)
屋内はグレー(写真右)
 
3M製で耐久性も良いです。

この他、木段板など、他の種類のオプションもあります。

手すり [横格子] [縦格子]  
Yのタイプは横格子です。

なだらかな曲線が強調され、とても美しいビジュアルです。

らせん階段らしさで言えば、断然オススメです!

Tのタイプは縦格子です。

曲げ加工が少ない分、Tタイプの方がリーズナブルです。

格子ピッチが狭いため、安全性も高くなります。
 

 <他オプション>
 落下防止バー
段板の隙間が大きく、危険な場合につけます

施工例


某展示会

某展示場のディスプレイに使われました。期間中だけの貸与でしたが、当社のらせん階段はユニット式なので、簡単に撤去でき、また再利用も可能です。
お客様には、「こんな立派ならせん階段がつくと思わなかった!」と、大変喜んでいただけました。


S邸

塾の建物内です。ガラス張りの内側にらせん階段をつけたのは、施主様のご希望。らせんがずっと上まで続く感じが好きで、子供の頃かららせん階段をつけるのが夢だった、とのこと。そこで、2階から上にも続いているように見せるため、手すりだけさらに伸ばしました。夜はライトアップされ、とても美しいです。







価格表

こちらは標準の定価です。仕様によって変わってきますので、まずはお見積もりをご請求下さい。
搬入工事費等は別途です。

エコノミーアルミ製に対抗できるリーズナブルな価格を実現

タイプ 格子   有効幅  開口スペース  階高 段数  本体標準価格(税別)
SS-15S なし  600  1600  3162  13+1  780,000


ベーシックニーズに合わせて選べるタイプ
タイプ 格子   有効幅  開口スペース  階高 段数  本体標準価格(税別)
SS-15T 600 1600 3192  13+1  1,050,000
SS-15Y  1,250,000
SS-18
横 
750 1900 3150  14+1  1,850,000~

建築法に対応した便利なタイプ
SS-17S なし 750 1700  3192  13+1  1,680,000
 約1坪のスペースで、一般住宅のメイン階段における最低基準、有効幅=750、内側から300のところで踏み面=150、け上げ=230以下をクリアしたタイプ。
SS-18Y30°  横 750   1900 3150  14+1  2,380,000
  18タイプと同じ大きさで、有効幅=750、内側から300のところで踏み面=210以上、け上げ=220以下をクリアしたタイプ。


NEW最小のスペースに設置できるサブ階段として最適なタイプ
タイプ 格子   有効幅  開口スペース  階高 段数  本体標準価格(税別)
SS-12T  500 1300  3225  14+1   1,030,000
SS-12Y  1,220,000


組み立て手順

ここでは、当社のらせん階段の組み付け手順を紹介します。

当社のらせん階段の売りは、ステンレス製であることに並び、ユニット式であることが特筆できます。

多くのらせん階段は工場ですべて組まれ、溶接されたものを運び込むため、搬入工事費にクレーン代がかかるほか、搬入日も、他の工事との兼ね合いがあり手間がかかります。つまりその分コストがかかってしまいます。

当社では、工事を引き受けた場合、軽トラ一台で搬入し、2人工で約半日で完了いたします。
それがどれほどメリットがあるか、関係者様にはよくわかっていただけると思います。

その工事手順を追っていきます。
コチラ

   ページトップへ